Peppy Life ~子供と犬、猫とウパ、カエルと~|カエル

Peppy Life ~子供と犬、猫とウパ、カエルと~

2013夏からアマガエルが家族に加わりました。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんばんわ。

カエルちゃん♀です。
相変わらず斑模様がお好きです。



そして、相変わらずの巨体です。
「なにぃ!?」
CIMG5273.jpg
ちょっと怒ってそうな…たくましい腕だなぁ…。女子に失礼ですね。すみません。


そして、アイドル顔負けの美男子、カエルくん♂。

今日も美しい。

CIMG5261.jpg

カエルちゃん♀よりも若いんでしょうね。
体も一回り小さく、狩りは下手(笑)

カエルちゃん♀の半分くらいで、いつも{もーおなかいっぱーい!」となります。

カエルくんのピンセットでの餌付けには、大変苦労しました。

去年ですね、秋も終わり頃に連れてきましたが、
ずっと上へ上へと逃げ場を探す日々で。

今でも上のほうが好きでいつもプラケの蓋んところに居ますが、

コオロギをピンセットで食べてくれるようになるまで気が気じゃなかったです。

そんな苦労も、忘れて

また我が家に新しい住人を誘拐してきたわけですが…


これまた簡単じゃなさそうでーす( ;∀;)


CIMG5253.jpg

最初ね、ぱくっと来たんだけど、
やはり怖いみたいで。
それからは、アリをあげても、反応なし。
歩き回っているアリも反応なし。
このままでは餓死させてしまう(~_~;)
仕方ないのでコオロギ3令(ゴマ2つ分の小さいサイズ)を注文しました。

まだ、最近変態したばかりの子供カエルだからね、コオロギも小さいw

カエルちゃん♀は、楽だったなぁーとしみじみ。
アリ食べてくれたからね。
ピンセットにも簡単に覚えてくれたし。

今では家に入ってきたほとんどの虫を、食べてくれます。ハエとかクモとかww

CIMG5260.jpg
模様替えを重ね、こんなんなりましたカエルハウス。

プラケのサイズはどんどん大きくなり、
もっと大きいのはないかと(高さのあるやつね)探しています。

あと、欲を言えばもっと明るいほうがいいなぁ。
蓋が黒じゃなく、白か透明なものがいいなぁとか。

あ、そうそう、

この大人カエルハウスには、餌付けも完了していないしまだまだ同居はできないんだけども

一応体格比較なるものをしてみました。

CIMG5254.jpg
うあーーーーー!!!

絶対食われちゃう!www
おチビ3匹分くらい入りそうな腹してます。

いつの間に、こんなに大きくなったんだろう…ってくらい。

去年、連れ帰ったカエルもこのくらいだったじゃない?って母上やいとこは言うんですが、
てことはこんだけ成長したってことかい?w

早く大きくなれよーおチビカエル!

いまさらですが、おチビカエルの名前がまだ決まってません。

どうせなら、3匹揃って改名しようかと思っております。

カエルちゃん♀と、カエルくん♂と名無しカエルじゃ

あまりに味気ない(笑)

なんかオヌヌメのありませんか?
大募集します(笑)

ではでは、(^_^)/~

スポンサーサイト


お盆明けと、先日、千葉に帰郷しました。
短い帰郷でしたけど、やはり ふっと肩の荷が下りるような、そんな気持ちで過ごせるのです。

秋になり、おばあちゃんの家は秋の草花がいっぱい。

畑はやめてしまったけれど、まだまだ、
収穫できるものはありました。

ブルーベリーに、栗、
船橋のおばちゃんからは梨をもらいました。

車の中でつぶれて梨汁ブシャー状態でしたけど…。
凍らせてシャーベットにするとよい、と助言をいただき、早速試していますよ。

スムージーにしていただきましょう♪

さてさて、

本題です。

おじいちゃんの通夜に現れたカエルちゃん♀。
四十九日で見つけたカエル君♂。

もう1年経つんですね。
カエルとの暮らしは最高です。

毎日癒されるもの。

新たに、一周忌でちびっこを誘拐して来ちゃいました…

CIMG5245_201409181246252e7.jpg
喪服姿で
いいおばさんが
庭でカエルを探す姿…

お恥ずかしい。

去年こそ、子供が好きだからとか言って
子供のせいにして連れ帰りましたけど。

今年はいとこの20歳の女の子に、「またカエル探してるんでしょ?」と突っ込まれました。

去年、カエル君を見つけた場所に、
ちょこんと居ました。このちっちゃいカエルさん。

そのまま連れ帰りましたが、うちのカエル達との体格差に驚き。

いやーこりゃ食べられるんちゃいまっか・・・(特にカエルちゃん♀のお口には入ってしまいそう)

まだピンセットでの餌付けも完了していませんし、大きくなるまでは同居は無理かなーという感じです。

親子カエルみたいな胸キュン写真も撮りたいのですが…我慢我慢💦

お名前は何にしようかなぁ。
オスとメスだったから「くん」「ちゃん」で分けていたけど。

3匹となるとみんなにお名前つけかえてみようかなー?なんてw

ではでは、(=゚ω゚)ノ

結構洗わなくてもイケるもんだな(爆)
今年初のお掃除をしました。

カエルたちはお掃除中、小さなプラケに移動します。

カエルちゃん♀は移動させようとする私の手に反応。
「餌か!?餌だなっ!パクッ!」
目の前の葉っぱをめがけて何度かパクッと空気を食べています。

食いしん坊な女子です。

あれ・・・カエルクン♂がいないぞ・・・?

ゆっくりと植物をとり一つづつ確認するもいない。
流木や枝の裏にもいない。

おかしいな、さっき鳴いていたのに。

と一通り水洗いをした最後に、フタを洗ってさぁおしまい!って

フタの裏見たら居た(笑)

危なかった…

よく動かなかったね。


そして綺麗になったおうちへカエルたちを戻す・・・


あれ。

カエルちゃん♀がいないじゃん!!

どこ行った!?!?

フタがスライド式のデジケースだったため、ちゃんと閉めてなかったの。
乗っけてただけ(爆)

あわてて探していたら、
流し台のちかく、
コップの水切りをする場所でくつろいでた。






このまま見つからなかったら確実に干物になるっていうのに、
のんきな子です。

あぁ、2匹とも危ない危ないil||li(A´・ω・)ャ'`゙ィ

何事もなく無事におうちに戻せてよかったです。


反省。


さて今日は、
2匹一緒の写真が撮れたので
比較して違いを覚えていただこうと思います。


カエルちゃん♀とカエルくん♂の違い。

ぇ?
別にどうでもいいって?

まぁそう言わず、すっごく覚えやすいから見てくれよ。


CIMG3431.jpg
左がカエルクン♂

右がカエルチャン♀

まず鼻先が違うよね。

丸い感じで鼻先が短いのがカエルクン♂。

カエルチャン♀はシュッと鼻先が伸びていていかにもカエル!って感じ(どんなでしょう

CIMG3439.jpg


カエルクン♂の方が、目が大きく見えてかわいらしい感じ。
ころんとしてるのさ。小さいし。

あと、色も違うよねぇ。

このおうちに住み始めてからは、あまり色の変化もなくなり

いつもこの色。

カエルクン♂はいつも黄緑~緑の綺麗なグラデーションを保っている。

ライムポトスの葉っぱみたいに綺麗。

CIMG3437.jpg


カエルチャンはいつも、白みがかった・・・くすんだグリーンでちょこっと模様がでている。
足とかいつもマダラ。
そしてデカイ。


CIMG3449.jpg

まぁ、要は小さくて綺麗な色をしているのがオス。カエルクン♂。

大きくてマダラの暗い色がメス。カエルチャン♀。


2匹ともピンセットの給餌にも完ぺきに慣れましたが、
一応生き餌もあげています。
餌ですが、

通販でヨーロッパイエコオロギ5.6令を1カ月に100匹買っています。

5.6令というのは大きさです。

到着したときはかなり小さく、7ミリくらい、米粒くらい?なんですが
すぐに大きくなり、1センチ越えするんですねぇ。

カエルのおうち同様、プラケにいれて、
紙袋や新聞を入れてあります。

ザリガニの餌と、たまーに霧吹きで水をやるくらいです。

この種類は鳴きませんし、お顔もよく見ると可愛いですw

プラケの通気口から出てしまうので、フタをする前に昆虫用の墨シート(小バエ侵入防止シート)を挟んであります。

最初、これをしなかった為に家中にコオロギが脱走し、
知らぬ間に大きく成長していたり(笑)
今もきっとまだなん匹か徘徊しているはず(爆)

ワラジムシも購入しましたが湿気を要するし餌も野菜ですぐ臭くなるし。

この種類のコオロギはお勧めです。
匂いも全く気にならないです。

カエルのおうちにも、コオロギのおうちにも、ヒーターを設置。

どちらかというとコオロギのほうが寒さに弱いので、すぐ死ぬ。

ヒーターもコオロギ優先で大きなものを使ってます。

月末になるとコオロギも少なくなり、
居なくなるとキャット(ナマズの餌)をお湯でふやかしたものと
冷凍赤虫をピンセットからあげています。

夏場は、家に入ってきたハエや蛾なんかもあげていました。
アリとかも。

アリはカエルチャン♀しか食べなそうだけど、また来年試してみます。


カエルのおうち、飼育状況はあまり変わっていませんね。
ポトスが増えたくらい。

砂利と木と水場とポトスの鉢植えです。

ポトスの水やりはお掃除のときと、
あとは1日1回くらいですが、気がついたときに霧吹きで水まいてます。

カエル達の干からび防止の意味もあるんだけど、
ちゃんと水場まで入って給水しているようだしやらなくても大丈夫なのかも。

たまに忘れるし(笑)

たまにの霧吹きだけで、
2週間以上リセットしないでも大丈夫でした。

食べるのも、3日に1度くらい上げていれば十分なようですね。

1週間くらいは放置でも平気です。

この前、
ヤドカリオアシス(給水に使っているヤドカリ用の水場)の調子が悪く、
全部下に漏れてしまって。

皿の中がカラカラになっていて焦りましたが、
ポトスの土の部分から水分をかろうじて吸収していたようで(^_^;)

干物だけ気を付けていれば、あとは特に手のかからない子達です。

飼いやすいよー!

カエル仲間が増えることを期待しております。w

それぞれの、お気に入りの場所もあるみたいで、
おうちを覗くのが楽しいです。

カエルチャン♀は比較的目立つところが好き。

流木の上のど真ん中。とか
給水器のタンクの上ど真ん中。とかw


カエルクン♂は、ポトスの葉の上、上のほう。

プラケースの通気口、上のほう。とか上のほうが好きみたいです。

今も2匹、定位置でじっと、ぼーっとしておりますよ。

可愛いですなぁ(人´∀`).☆.。.:*・


ではでは長くなりますた。

またねっ(*´∇`)ノシ


今年も残りわずか。
まだ年賀状を出していない事が気がかりです。
はたして元旦につくのだろうか・・・il||li(A´・ω・)ャ'`゙ィ

朝晩は部屋の中も、13度とか15度とかになってますよぉ。
10度を下回ると冬眠に入るそうですが…

夏から秋にかけていっぱい食べて、体力をつけておかないと、冬眠中に死んでしまうことも多いそうで。
自然では普通に行われている行為も、飼育下ではグ~ンと難度が上がってしまう。

オスのカエルくんは、我が家に来てから餌付に苦戦した時期もありまして
ガリガリだった時期もあるしなぁー。
正直自信がないのであります。

冬眠用の水苔も用意してあるのですが、
不安なので今年は起きててもらうことにしました。


水槽に貼るタイプのと、底から暖めるタイプのと、ヒーターを用意しました。

もちろん、コオロギさん用にも。

カエルより餌であるコオロギさんのほうが温度に敏感で、すぐ死にます(^_^;)
20度以下になると全滅しますよぉ。

カエルさんは1度や2度凍ってしまっても生きてるらしいけれど、(まさに生きカエル( ゚∀゚)・∵)

まぁ餌のコストはかかりますが、2匹しかいないのでそこまで大変ではないかなっ。

CIMG3283.jpg

あたしはカエルチャン♀。

この子は狩りが上手です。アリもクモもなんでも食べるし、
すぐにピンセットに慣れてくれました。
今ではふやかした人工飼料や冷凍赤虫なんかもパクパク食べてくれます。

体も大きく、冬眠はさせても大丈夫そうだったけど。
飼い主がまだひよっこなので勇気が出ず冬眠させてもらえない。

よく給水器の上に座っている。(写真参照)w

コロコロと体色を変える子です。
最近は白みがかった緑と少し班模様もだしている。

新入りのオスにははじめの別居中だけ興味があったが、
今ではどうでもいいという感じの小悪魔的女子。

つぎ、秋から来たオスのカエルクン♂。

CIMG3280.jpg

メスのカエルチャンよりも一回り体が小さいが、とても綺麗な緑色をいつもキープしている。

カエル界でもたぶん美形だと思う。

餌のピンセットになかなか慣れず、苦労しましたー。
最初は水槽に慣れてもらおうとピンセットは使わず、生きたアリを放牧させましたが目もくれず。

アリにちくっと刺されて驚いている始末(笑)

やっと、最近水槽でくつろぐ姿が確認できるようになり、餌もピンセットで食べるようになりました。
が!
狩りが下手なのに警戒心も強く、なかなか餌にありつけず。
冷凍赤虫ならなんとかピンセットで食べれるけど、1ブロックの大半は♀のカエルチャンの口の中に入ってしまう。

コオロギをずっと買い続けているのはカエルクンのせい(笑)

霧吹きの水をかけられると食べる。めっちゃ面白い。

最初はガリガリで心配したけれど、コオロギはちゃんと食べれるようになったので
今はお腹がメタボ気味に。

朝方や夜に、急に鳴きだす。けけけけけけけっ!
小姫が「げろげろってしてりゅ」と毎回喜んでいる。

これからゆっくりと、飼い主のピンセットに慣れていく予定。応援してねっ(゚▽゚*)♪

こんな感じで自己紹介してみたけど。

カエルって1匹づつ顔も違うし、性格も違うし、
対照的な2匹に出会って、カエル飼育の面白さと難しさを知ることができました。

末長くよろしく。
来年は冬眠出来るよういっぱい食べますぅ。

ケロケロつながりで、ケロットさんが遊びにきてくれたのでご報告を。

長野からわざわざ。゚(゚ノД`゚)゚。
うちへ疲れに来てくれました。

みてこれ。
2014年のカエルカレンダー!

CIMG3286.jpg

いい感じに2匹に引き立て役になってもらえました(笑)

チビこはすっかり痩せましたが、頑張って通院していますよ。
1日おきに通院してお水抜いてます。

あまり食べれないので点滴や注射もしています。

食べれないのに食欲だけは1日中あって、ごはんくれよーうとついて回るのがちょっとかわいそう。

あれだけ食にがめつい子が、食べれないってのがかわいそうです。

だから暇さえあればご飯を出します。舐めているだけでも、気持ち的には満足感があるのではと。


そんなチビの食べ残しを狙って、毎度登場する隣の茶色いのが最近肥えてきて(^_^;)


もともとデブだったのに更に重くなりました。


チビとのしっとりした再開もままならず、
プル坊にロックオンされてへとへとになっているケロットさんでした。

相変わらずやさしいおにーさんや。

長野名物、おやきをお土産に持ってきてくれたのですが、

すっごく美味しかったです。
具だくさん!

カエルの生地とか、
カエルのマグネットカレンダーとか、
なんだかいつももらってばかりで。

気づけば我が家には、カエルのフォーク&スプーンから始まって
カエルグッズがいっぱいになりました。

ほとんどがケロットさんから頂いたもの❤

まだちゃんと飾れていないものもあるんだぁ。
まだまだ改装中の部屋なので、綺麗に飾っておきたいです。

カエルコーナー作りたいなぁ…へへへっ。

相変わらずモノが多くて、とっちらかった家に、

ようこそおいでくださりました。

チビの病院も、この日は子供たちを置いて行かせてもらえて
本当に楽だったよぉ。

プル坊と小姫が乗っている自転車は30キロの米を運んでいるのといっしょです。
チビも3キロ、自分も××キロありますから、みんなの体重が僕の足にすべてかかるので全然進まない(笑)
風邪なんか強い日にはもう、歩いてるほうが早いんじゃねーかくらいのスピードw

この日はサクサク自転車がスピードを上げるので
快適でしたっ。

帰宅後、ケロットさんが珍しく疲れました…って言っててちょっと罪悪感(笑)

かくれんぼしていたらしいですが、
聞くと親が土下座したくなるような遊びをしていたらしく、(顔を踏むごっことか(~_~;)

今春から小学校の先生になったケロットさんですが、日々子供たちに遊ばれ弄られて、
あんなに子供が大好きだったのに
ちょっと子供にうんざり気味なのに

ますますうちの生意気ッズでやられてしまったんじゃないかと気を揉んでおります。

お昼寝したままケロットさんが帰ってしまい、
起きてから家じゅうを泣きながら探しまわっていた小姫。

小姫:「○○くーん!○○くんはー?」。゚(゚ノД`゚)゚。

プルメリア:「○○くんいないねぇ。帰っちゃったよ。○○くん好きなの?」

小姫:うなずいて「しゅき。○○くんしゅき」

さすがケロットさん。

短時間でこんなに好かれるとはw

家族以外の男の人には人見知りがすごいのです。実は。

話しかけられても首を横に振って睨んでいるのが通常の小姫(笑)

そんな事もこの日はなかったし、
安心しておもりを頼めました。

久しぶりに会ったけど、
依然と変わらず、まったりとさせてもらいましたね。今度また会える時は、
おもてなしをちゃんとしようと反省です。


さて、長くなりましたがこのへんで。

年内更新またするとおもう!

ではでは(*´∇`)ノシ



良い子に3日間、お留守番してた我が家の毛モノたち。

ペットシッターさんから送られてきた近況メールに添付されてきた写真です。




チビはおとといあたりまで、胃薬と吐き気どめが手放せない状態だったのに、
どういう訳か急に食欲が炸裂しだしましてw
調子がいいみたいで安心しました。

気候などの影響もつよいのかなぁと感じます。


さて、千葉からはるばる、拉致されてきたアマガエルさんのお話。

プル坊の強い希望で、名前はカエルになりました。

ぇ?そのまんまだって?w


201309270539021c8.jpg

ピョン吉がいいって言っても駄目だって言われた(T ^ T)

カエルさん、ポトスの根元がお気に入りなようで、
土の上にずっといたらば、だんだんと色が黒っぽく変色してきた。

なので、土の上に白い小石を敷きましたら
緑に戻りましたwww


小さなプラケースのままではかわいそうなので、
湿度が保てるように色々設置して、広いマイホームにお引越ししますた。

こんな感じです。
20130927053900b22.jpg
アポダと言う観葉植物は、見た目がかわいい、ただそれだけで買ってきましたが、
ネットで調べると、
常に湿った感じの土が良いらしく、
霧吹きで給水すると良いなどと書いてありカエルさんと同居にピッタリではないか。
直射日光も苦手みたいだし!

アマガエル飼育をしている方のブログなどを覗くと、
大抵、ポトスを同居させていますね。
あまり光を必要としない、カエルのおしっこで葉が枯れていかない、
丈夫な葉。

アポダも、今のところオシッコや重みで弱る様子もなく、いい感じかもです♪



あと、気に入っているのがヤドカリ用の水飲み場として売られていたヤドカリオアシス。

何気に温泉のようでかわいい。&自動で水が補充されるので干からびる心配が無い。

餌は、プル坊が幼稚園の帰りに下で捕まえてくるアリさん。

と、白いワラジ虫も食べています。

何でも食べますね。

ピンセットでの給餌もかなり慣れてくれました。
これで冬になってワラジ虫が足りない!って時でも、
練り餌などでも食べてくれそうです。


家に入ってきた蛾や、羽アリなんかも食べてます。


ネットで買ったワラジ虫のオマケ…?に、腐葉土に小さなゴキちゃんが数匹入ってました。

それも食いつきが良いのですよー。
足がバタバタするから目につきやすいのでしょうね。


生き餌を食べるカエルさん、慣れれば餌もなんとか用意できそうでホッとしてます。

自分たちだって、辛い場面は人任せにして、いつも鳥肉や豚肉を頂いているんだものね。
生きているものを捕まえてペットの餌にする。
一見残酷なようで、いつも自分達がしている事と変わらないのですよね。

鶏を目の前に連れてこられ、さぁこれをスーパーで売っているような状態にしてください。って
言われたら、
できますか?

深夜にアニメでやってたなぁ。
酪農の専門学生が、大事に可愛がっていた豚を出荷する話。
その学生は肉になったブタドン(名前)を、全部買い取っていた。

毎日、魚でも卵でも、
命を頂いている事を忘れてはいけませんね。

感謝しながらなんでも食べなくっちゃ。

小さなカエルさんに、命の大切さを教えられた。


ではではまた(ToT)/~~~


ハンドメイド、手作り作品の通販・販売サイト、minne(ミンネさんにて
手作り作品の通販・販売サイト、minne(ミンネ)

ハンドメイド・手作りマーケット tetoteさんにて
ハンドメイド・手作りマーケット tetote(テトテ)

プリザーブドフラワー作品の展示、販売を、上記リンクより 観覧できます。

プルメリア

Author:プルメリア
犬と猫とウパと、
2人の子供達と
毎日のほほんと( ´艸`)ウフフ…
ハンドメイドのプリザーブドフラワーのリースを
販売しております。

カエルの記事
List of all articles

  • がっちゃん♪ (06/07)
  • 蘭爺さん> (05/23)
  • ゆずきさん> (05/23)
  • あの〜 (05/01)
  • お久しぶりです! (04/23)
  • あけまして… (01/01)
  • (12/29)
  • えーっ⁉︎ (12/23)
  • (12/22)
  • (10/30)
  • ひさびさ (10/25)
  • 蘭ちゃん (10/23)
  • 忙しいのね (10/20)
  • 蘭爺さん (10/19)







  •  ↓当サイトのバナーです。
     ご自由にお持ち帰りください。↓


     

    ニャンニャンにそっくりな毛色の
    猫さんを探しています。
    付近の方、協力してくださると嬉しいです。

    この人とブロともになる

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。